スロットのハイエナ(天井狙い)と設定狙いどちらが稼げるのか?

記事を読む前に応援クリックをポチっとお願いします
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

こんにちは、かっき~です。

今日はハイエナ(天井狙い)と設定狙い、どちらが稼げるのか比較してみたいと思います。
マイジャグラー GOGOランプ

スポンサーリンク

設定狙いのメリット

バジリスク絆 天膳スタート

▼設定狙いの一番のメリットは、高設定を取った時の期待値が高い事です。
人気のバジリスク絆や番長3の設定6であれば、期待値約10万円です(等価交換の場合)万枚出る事も決して珍しくないので夢があります。

▼何より楽しい!高設定かも?と期待しながら打つ事、高設定に座れた時こそスロットの楽しさの醍醐味だと個人的には思います。

設定狙いのデメリット

バジリスク絆 半月

▼朝から行かなければいけない為、仕事をしてる人だと行ける日が限られる。

▼高設定に座れず、低設定を打つ事の方が多い為、一時的とはいえ期待値マイナスの台を打つ事になります。

▼今の時代、設定入っている店は取材媒体やSNS等で拡散される為、ライバルが多くなりがちで、その結果抽選次第では台すら打てない可能性がある。

▼いくら特定日・取材日だとしても、当然ガセの日(設定が入っていない)もあります(期待値マイナスの台を打たされる)

▼設定が入っている店を見つけるのもなかなか難しいので(全く設定使わない店も多い)通えるホールが少ない。(遠征すれば別ですが、1時間かけて抽選で帰るのは正直時間の無駄かとw)

▼店の癖や、台ごとの設定差の知識が必要になる為、総じて難易度は高め。

ハイエナ(天井狙いのメリット)

バジリスク絆 まだです

確実に期待値がある台が打てる(長い目で見ればほぼ確実にプラスになる)

▼設定1でも勝てる為、店を選ぶ必要が余りない(交換率は重要ですが)

▼色んな台を打つ事になる為、知識が増え、その知識が設定狙いの際にも役に立つ。

ハイエナ(天井狙い)のデメリット

バジリスク絆 柳生宗矩

▼期待値のある台が無い場合、店移動や店内徘徊など割と体力が必要。

▼交換率の影響をかなり受けるので地域が重要(6枚交換で再プレイなしだとかなり厳しい)

▼夜8時以降は取り切れないリスクが増える為、稼動時間があまり取れない。

▼お店の店員や常連から疎まれるので、目立たないようにしないといけない(張り付きや掛け持ちはもっての外)

 

結局どっちが良いの?

非等価(5.6枚~6枚交換)で設定が使われてる地域であれば設定狙いの方がいいでしょう。

▼逆に等価で設定使われて無い地域だとハイエナの方が良いと思います。

▼等価で設定が使われてる最強地域の場合は、どちらも併用していけばかなり勝てると思います。

▼非等価で設定が使われて無い地域は・・・ハイエナでちまちま稼ぐしかないですね・・・

まとめ

◎設定狙いは豊富な知識と店の癖を読む必要があり、尚且つ抽選勝負になるので安定はしないが、高設定ツモれると大きい!

◎ハイエナ(天井狙いは)は安定感はあるので、初心者や仕事帰りでも結果を出し易いが、交換率に左右される。等価地域だと設定は余り入らないので、断然ハイエナが有利!

まずは自分の住んでる地域のお店の特徴を把握するのが一番重要ですね。

面白かったら押して下さい、押してもらえるとブログ更新のモチベーションが上がります。
ランキング参加中!
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記スロット
かっき~をフォローする
関連記事
元不動産屋のスロット日記

コメント